敦賀新港でショアジギング 2018年9月23日 晴れ

どうも!こむぎです!

趣味でラーメンを自作しています!

会社の同僚たちと、福井県の美浜に泊まりにいきました。

こんな海から近いのに釣りをしない理由はないので、福井県のショアジギングの好ポイントとしてそこそこ有名っぽい敦賀新港に行ってきました。初めての訪問です。

通算6度目のショアジギングです。

目次

混みっぷりに仰天

早朝4時半ごろに現地入り。三連休の中日なのもありまあ混んでるんだろうなとは

想像していたのですが、

f:id:road-men:20180924230508j:plain

なんじゃこりゃあ??

釣り場として解放されているフェンス付きの堤防が

人、人、人…テント、テント。夜釣りをしている人もいましたが、半分くらいは何を

するわけでもなく、場所取りをしていて、全く入る隙間がありません。

2m間隔くらいでしょうか?

今4:30ですよね?

こちらは2人でしたので、2人分のスペースを確保するのは無理です。

で、すごい釣れそうな立ち入り禁止の堤防があるんですが

あ…人いますね。やっぱり。

空いてるし快適そうやなあ。

なかなか立派なフェンスが設置されていますが

どうやって乗り越えたんでしょうか?(有刺鉄線バリバリですが…)

乗り越えたい気もしましたが、ちょっとリスク背負いすぎなのでは?

ていうか乗り越える自信なし。やめときました。

うーん。このまま帰るのもな〜と思って堤防の反対方向に

釣り場をウロウロ歩いていると、釣り場が終わったトイレの裏側で

四角テトラが並んでいるところがあり下に降りて釣りができそうです。

3人ほど降りてすでに釣りをしていました。

こ…ここは…ええんやろか??

まあしかたないか…

あまり良さそうな場所には見えませんでしたが

とりあえずテトラ上で釣りをすることにしました。

3時間投げ続ける

正規の釣り場はそこそこ水深がありそうな感じでしたが

こちらは、なんか浅い釣り場でした。ジグが着水して5秒くらいで底を取れます。

最初バイブレーション(ピンク)からスタートし表層をただ巻き。

あたりは一切なし。

f:id:road-men:20180924230154j:plain

ジグパラ40g(赤金)→根掛かりで殉職

ジグパラ50g(シルバー)

バイブレーション26g(ブルピン)

イワシロケット40g(パープルシルバー)

と手を変え、品を変え投げ続けましたが…

あたりすらゼロ。

なにも起こらなかった。

となりのおっちゃんはチヌをつってましたが

(団子投げてました)

途中で初めて指を切る。中指。おもくそぶん投げようとしたときでした。

なんでこうなったのか???普通人差し指が切れるはずでは?

f:id:road-men:20180924230619j:plain

結構深くえぐれて痛かったです。

8:00撤収

宿に他の同僚を待たせてましたので

早いですが撤収としました。

とりあえず秋晴れで非常に気持ちがよかったですね。

f:id:road-men:20180924230212j:plain

↑こんな感じの場所でした。

僕ら2人がどくと順番待ちをしていたのか

すばやく2人降りてきました。

えええ??こんなしょぼい場所でひょっとして並んでたの??

で上の正規の釣り場に戻ったんですが

ぐああ。さらに混んでいる。

f:id:road-men:20180924230249j:plain

1m空いてませんね。

ほとんどの人はサビキでしたが、ショアジギしてる人もちらほらいて

何匹かサゴシをあげてる人はいました。

やっぱこっちのほうが混んでるけど釣れるんやろうか?

でも。おれこの隙間で楽しめる自信ないよ。投げるたびにお祭りしそうです。

あまりの混みっぷりにみんな思い思いの場所で釣ってます。

問題の堤防にも人がわんさかいますね…

f:id:road-men:20180924230354j:plain

カオスっす。

うーん。。

全然おもんない。

とりあえずもう二度と来ないかな。

家から遠いし…そして混んでる…

そんな6回目のショアジギングでした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ラーメン激戦区である京都市在住。
「自作ラーメン」と「釣り」が趣味のしがない会社員です。

「自作ラーメン」は2012年から飽きずに作り続け、日々研究を続けています。
「釣り」に行くのは月一回程度。釣果重視で40cm以上の大物を狙います。

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています。

目次
閉じる