麺と釣人

「自作ラーメン」と「釣り」を楽しもう!仕事と家庭の合間をぬって趣味にいそしむオジさんの日々のブログ。京都市在住。

麺と釣人

【レシピ】ピリ辛!本格!汁なし坦々麺の作り方【実食】

どうも!こむぎです。

趣味でラーメンを自作しています!

スパイスが効いた、ピリ辛の汁なし担々麺ってうまいですよね。今回は汁なし担々麺の作り方を紹介します。いろんな材料や調味料を使うので、ちょっと準備が面倒ですが、結構本格的な味になりますので興味が湧いた方は是非試してみてください。

f:id:road-men:20210801192941j:plain

事前に準備

・芝麻醤(ちーまーじゃん)

作り方はコチラ。面倒なら市販のねりゴマを使いましょう。

www.men-to-choujin.com

・ラー油 

手作りのもがベスト。作り方はコチラ。市販のラー油は辛いのでオススメは手作り品です。香りも良いです。

www.men-to-choujin.com

 

材料 (1人前)

 麺

・自家製麺 300g

麺をワシワシ食べたいので大盛りです。こちらも自家製麺がオススメです。

f:id:road-men:20210801193007j:plain

今回は特飛龍を加水率42% パスタマシン厚み4 切り刃2mmで中太よりやや太めの麺に仕上げました。自家製麺の作り方はコチラ↓

www.men-to-choujin.com

肉味噌

(1人前に約80g使用)

f:id:road-men:20210801193104j:plain

・ひき肉 400g

 

A

・にんにく3片 みじん切り

・白ネギ 1/2本 みじん切り

 

 

B

・甜麺醤 大さじ3

・濃口醤油 大さじ1

・酒 大さじ2

 

C

・胡椒 適量

・粉山椒 適量

・クミン 適量

・カレー粉 適量

 

味付けタレ(1人前 麺300gに対して)

・濃口醤油 大さじ1

・オイスターソース 大さじ1

・酢 大さじ1/2

・砂糖 大さじ1/2

・芝麻醤 大さじ1と1/2

・自家製ラー油 大さじ2 ※市販のラー油の場合大さじ1+ごま油大さじ1

・鶏スープ 大さじ3 ※無ければお湯。入れないと麺がひっつきます。

・豆板醤 小さじ1

※麺量にあわせて量は調整してください。

トッピングとスパイス

・水菜

・ゆでもやし

・砕いたカシューナッツ素焼き

・糸唐辛子

 

手順

1. 肉味噌を作る

麻婆豆腐や普通の担々麺にも使える肉味噌を作ります。

軽く油を引いたフライパンにひき肉を全量入れて

f:id:road-men:20210801193240j:plain

ある程度炒めたら、AとBを全量投入

f:id:road-men:20210801193252j:plain

最初は調味料が表面に浮いてますが、しっかりと炒め続けて

f:id:road-men:20210801193304j:plain

肉に調味料が染み込み、油が透明になったら完成

f:id:road-men:20210801193315j:plain

余計な油を取り除いて、別容器においておきます。

 

f:id:road-men:20210801193343j:plain

2. 材料をすべて準備 

f:id:road-men:20210801193401j:plain

どんぶりに味付けタレを全部入れます。

 

3. 麺を茹でる

f:id:road-men:20210801193416j:plain

茹で時間は今回は3分

 

4. 麺を投入し、タレとからませて、トッピングして完成

f:id:road-men:20210801193436j:plain

肉味噌や野菜をトッピングし、上から粉山椒やクミンを振りかけます。できましたー!

完成

よく混ぜて食べます。ほどよい辛さと、様々なスパイスが効いた、非常に食べやすい美味しい汁なし担々麺に仕上がりました。たっぷりの麺で食べ応えも抜群です。

f:id:road-men:20210801193504j:plain

麺量300gは結構大盛りなので、並盛りなら麺量を200gにしましょう。麺量を少なくするならその分味付けタレも減らしてください。(でないとかなりしょっぱくなります)

今回ちょっとオシャレを気取って水菜をトッピングしてみましたが、これは正直ネギとかチンゲンサイのほうが合いますね…野菜はお好みで変更してください。温泉卵や卵黄をトッピングするとさらにまろやかになりオススメです。あまり辛く無いレシピなので、物足りない人は豆板醤を増やしたり、上から唐辛子をふりかける。ラー油をたくさん入れるなどお好みで調整しましょう。

 

以上汁なし担々麺のレシピ紹介でした。

ではまた!

 

【あわせてよみたい】

www.men-to-choujin.com

www.men-to-choujin.com