【レシピ】こだわりの豆乳坦々麺の作り方【実食】

どうも!こむぎです!

趣味でラーメンを自作しています!

毎日寒いですねー!先日家族で豆乳鍋を食べたのですが豆乳が余ってしまいました。そこでストックしていた鶏清湯スープと豆乳を使って、豆乳坦々麺を作ってみたので作り方をご紹介します。自家製のラー油や鶏スープを使うと味も香りも本格的で、めちゃくちゃ美味しかったです。寒い日に体を温めるのにぴったりのラーメンですよ!

目次

事前に準備するもの

自家製麺

麺も自分で作ると美味しさが格段に上がります!そんなん無理ですわ!という方は市販のお好きな麺を使いましょう!

今回の麺のスペック
・傾奇者+南部小麦全粒粉 1%
・加水率 38%
・かん水 1%
・塩1%
前日に作って一晩常温で寝かせました。

一晩寝かせると麺肌がなめらかで舌触りの良い麺になります!

鶏清湯スープ

鶏ガラや、丸鶏から作った鶏スープです。中華料理のベースとして使えますし、あっさりラーメンとしても使えます。

自家製ラー油

面倒なら既製品でかまいませんが、ラー油を自分で作ると味わいが一段階上がります。材料がちょっと特殊ですがスーパーで買えるものばかりですし、作ってみると意外と簡単なのでオススメです!(日持ちもしますしね)

肉味噌

坦々麺に乗せる肉味噌を準備する必要があります。こちらも炒めるだけなので作り方は簡単です。

材料(4人分)

・ひき肉 300g (今回は豚ひき肉200g +鶏むねひき肉100g)

【A】
・濃口醤油 大さじ2 (30cc)
・甜麺醤 大さじ2 (30cc)
・酒  大さじ2 (30cc)
・すりおろしニンニク 1片分
※Aの材料はあわせておく

【B】
・中華用粉山椒 小さじ1
・クミン粉 小さじ1/2
・カレー粉 小さじ1/2

手順

油をひいたフライパンでひき肉を軽く炒めたらAを全量投入する

炒め続ける。Aの調味液がひき肉に吸い取られて油が透明になるまで炒める。

このくらいで完成!

セットアップ(1人前)

今回のラーメンのセットアップはこちら!

【スープ】
・鶏清湯スープ 150cc + 豆乳150cc

【麺】
・自家製麺 130g

【味付けタレ】
・濃口醤油 20cc
・市販のねりゴマ 大さじ2
・みりん 小さじ1(5cc)
・自家製ラー油 15cc
・すりおろしニンニク 1片分
・中華用粉山椒 少々
・ハイミー 小さじ1/2

【トッピング】
・白ネギ 微塵切り
・肉味噌 75g
・チンゲンサイ(湯通し)1枚
・糸唐辛子 少々

準備はばっちりだ!

ラーメンへの仕上げ

味付けタレの調味料などを全部丼に入れます。ネギも入れちゃいます。

鶏スープと豆乳を小鍋で温めます。

沸騰してほっとくと吹きこぼれるので目は離さない

スープが沸騰したら丼に注いで、お箸などでしっかりと攪拌します。(特にねりゴマが固まらないように注意)

茹で上がった麺を投入。茹で時間は2分15秒。

トッピングして行って…

チンゲンサイと糸唐辛子を飾り付けて完成!

できたやでー!

実食

赤と緑がきれいなラーメンになりました。うまそうやぜ!いただきますー!

うまい!

山椒の香りとラー油の辛さを豆乳のまろやかさが包み込んでいく!めちゃくちゃ美味しいです!自家製ラー油が辛さが程よいので中学生の娘にもちょど良い辛さで、いっしょに食べた家族の評判も上々でした。

麺はどっちかというとモチモチ系でまとめていましたが、スープともあってました!普通の坦々麺より豆乳が入ってる分クリーミーでとても優しい美味さ。わりと万人受けする味に仕上がったと思います。食べてるうちに体もポカポカしてきてじんわりと汗をかきました。寒い日には最高のラーメンなのではないでしょうか?

以上、豆乳坦々麺の作り方でした!興味が湧いたらぜひ作ってみてください!
ではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ラーメン激戦区である京都市在住。
「自作ラーメン」と「釣り」が趣味のしがない会社員です。

「自作ラーメン」は2012年から飽きずに作り続け、日々研究を続けています。
「釣り」に行くのは月一回程度。釣果重視で40cm以上の大物を狙います。

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています。

目次